明治十九年創業 以来、百年以上に亘る経験よりえました伝統技術を生かして、
酒母・こうじにもち米を合わせ醴酒を造り、小麦粉を入れて醗酵させ、
これを皮にして 餡を包んで蒸しあげたもの です。 皮には独特の酸味があり、
無糖のためすぐ固くなるのが弱点です。
 しかし、これが酒素の特徴ですが、他面に皮が餡の糖分を吸収するので、
独特の淡味が生まれます。 わらべ唄に「 饅頭食って皮残す 」といわれたのも

うなづけます。 餡の小豆は北海道の秀品 です。

 また、製造過程において 高度な技術 により、この小豆を更に水洗いして

「あく」を抜き・純度の高い砂糖を使用しますので、一段の風味を添えて

おります 。

                                                                                               店主敬白